高速・高品質な
ソフトウェア開発を支える
AIテスト自動化プラットフォーム

Magic Podは、モバイルアプリテスト、ブラウザ(ウェブアプリ)テストの両方に対応したAI時代の自動テストツールです。
豊富な機能と高いメンテナンス性でリリースサイクルの高速化を支援します。

500社以上の企業様にご利用いただいています

Magic Podの特徴

導入からテスト作成、メンテナンスまで全てがシンプルになります

AIがスクリプト作成を手助け

AIエンジンが、アプリケーションの画面から項目を自動検出。あとは項目を選んでいくだけで、読みやすい日本語のスクリプトが作成できます。


AIによる自動修復で
メンテナンスコスト削減

テスト対象アプリケーションのUIに変更があった時には、AIが自動でスクリプトを修正。テストスクリプトのメンテナンスの手間を大幅に削減します。


シンプルで直感的なデザイン

Magic Podの画面は、迷わない、シンプルなデザイン。初心者も簡単にテスト自動化を始められます。


インストール作業不要

難しいインストール作業は不要です。クラウドの端末やブラウザを使ってすぐにテスト作成を始められます。


ブラウザもモバイルアプリも

Chrome, Edge, Safari, Firefox, IE, Android, iOSのブラウザテストと、Android, iOSのモバイルアプリテストに対応しています。


テストはどこでも実行可能

作成したテストは、Magic Podのクラウドでも、外部のクラウドサービスでも、社内の環境でも実行できます。


主な機能

テスト自動化エキスパートの知見が凝縮されています

スクリプト共通化

よく使う処理をまとめる共有ステップや、UI要素定義の共通化機能で、効率的なメンテナンスを支援します。

データ駆動テスト

1つのテストを、データの値を変えながら何度も繰り返し実行できます。CSVによる編集にも対応。

制御フロー

条件分岐や変数、待ち処理といった機能で、テストの流れを柔軟にコントロールできます。

画像差分チェック

ページ画像の差分チェックでデザイン崩れを検出する「ビジュアルリグレッションテスト」を実現できます。

ユーティリティコマンド

HTTPリクエスト、日時計算、四則演算、数値比較、正規表現、二段階認証突破など、高度な処理もノーコードで実現できます。

テスト作成補助機能

テスト部分実行、テスト中断、コピー・ペースト、やり直し・元に戻すなど、テスト作成を効率的にする機能も充実しています。

スケジュール実行

作成したテストを、好きな曜日や時間にクラウドで定期実行できます。

テストケースラベル

各テストにラベルをつけて分類、ラベルを指定(もしくは除外)してテスト実行もできます。

エンタープライズセキュリティ

プロジェクトごとの権限管理、接続元IP制限、SAML認証など、エンタープライズの高度なセキュリティ要件にも対応します。

クロスブラウザテスト

Chrome、Edge、Safari、Firefox、IEを使ったクロスブラウザテストに対応しています。並列実行ももちろんサポート。

モバイル

iOS・Androidのモバイルブラウザにも対応。横向き端末でのテストやフリックなど、モバイル固有の操作もサポートします。

クラウドのテスト環境

Magic PodのクラウドやSauceLabs・BrowserStackのクラウドを使うことで、環境のメンテナンスが不要になります。

さまざまなブラウザ操作

各種クリックからファイルアップロード・ダウンロード、ショートカットキー、Cookie、Local Storageまで、多岐にわたる操作をノーコードで実現できます。

豊富な値チェック

テキスト、表示状態、属性、タイトル、URL、アラートメッセージなど、さまざまな項目の値をチェックできます。

CI連携

CircleCI, Jenkinsなど、おなじみのCIツールと連携できます。Web APIよるテスト実行にも対応。

マルチ端末テスト

作成したテストは、iOS・AndroidのさまざまなOSバージョン・機種で実行できます。並列実行ももちろんサポート。

クラウドのテスト環境

Magic Podのクラウド端末や、SauceLabs・BrowserStack実機端末を使うことで、環境のメンテナンスが不要になります。

さまざまな端末操作

タップ、スワイプからシェイク、回転、画像追加、ピッカー操作まで、多岐にわたる操作をノーコードで実現できます。

端末設定の変更

言語、地域、タイムゾーンなど、端末のさまざまな設定を変更可能です。

CI連携

Bitrise、CircleCI、Jenkinsなど、おなじみのCIツールと連携できます。Web APIよるテスト実行にも対応。

WebViewテスト

WebViewを使ったモバイルアプリにも対応しています。CordovaやMonacaのテストにも。

すべての機能を見る

外部ツール連携

さまざまな外部のツールと連携できます

オンラインセミナー開催中

Magic Podについて詳しく紹介するセミナーを毎月開催しています。

ユーザー様の事例記事紹介

一覧を見る

Magic Pod開発メンバー

伊藤 望

CEO

京都大学大学院情報学研究科を修了後、株式会社ワークスアプリケーションズ入社、自動テストツール開発で社長賞を受賞するなど活躍。その後独立しTRIDENTを設立。「日本Seleniumユーザーコミュニティ」設立、「Selenium実践入門」執筆、国際カンファレンス講演、「SeleniumConf」日本初開催など、テスト自動化の普及に努める。最近はMagic Podの開発に注力中。

玉川 紘子

チーフエンジニア

東京大学大学院情報理工学研究科修了。Webエンジニアとしてキャリアを積んだ後、テストエンジニアに転向し、JenkinsやSeleniumを組み合わせたCI・自動テスト環境の構築・運用を支援。2019年よりTRIDENTに入社しMagic Podの開発に従事。子育てと仕事の両立に日々奮闘中。「初めての自動テスト」翻訳、「Seleniumデザインパターン & ベストプラクティス」監訳。

脇坂 雅幸

エンジニア

立命館大学大学院情報理工学研究科修了。株式会社SHIFTにてテスト自動化エンジニアやテストマネージャーを経験後、TRIDENTに入社し、モバイルアプリのテスト機能を中心に幅広い開発業務を担当。Appium・Chromiumプロジェクトへのコントリビューションや、JaSSTやSTACでの登壇歴もあり。JSTQB AL TA保持者。

神山 諭

エンジニア

筑波大学人文文化学群卒業後、防衛省陸上自衛隊入隊。独学+実務経験1年で合格率10%のTRIDENTコーディング試験を突破した逸材。

戸田 広

インフラ・CIエンジニア

千葉大学理学部卒業後、Webシステム開発や新興電力企業向け業務システムパッケージの立ち上げに従事。Webシステム向けの自動E2Eテスト環境構築案件を手がけたことをきっかけに、自動E2Eテストの世界に関わるようになる。2016年よりMagic Podの開発に参画。共著に「Selenium実践入門」「エキスパートが教えるSelenium最前線」。

小嶋 秀徳

エンジニア

東京大学工学部卒業後、株式会社ワークスアプリケーションズ技術基盤チームで社内生産性向上施策に従事。100万ダウンロードの教育アプリを開発したスーパーエンジニア。

ニュース・メディア掲載

一覧を見る