導入相談

何でもお気軽にご相談ください。

相談内容の具体例

どのテストをMagic Podで自動化すべきでしょうか?
クラウド環境とローカル環境、どちらでテストするのが良いですか?
自社のセキュリティ要件をクリアできるか知りたいです。

導入に関するよくあるご質問

  • 利用人数に制限はありますか?
    利用人数の制限はありません。チーム全員でご利用いただけます。
  • トライアル期間中に作成したテストは、トライアル終了後にどうなりますか?
    モバイルアプリテストプランの場合、有料プランの契約有無に関わらず、作成したテストは引き続きご利用いただけます。 ブラウザテストプランの場合、作成したテストの内容は見られますが、実行はできない状態になります。有料プランをご契約いただくと、再び実行できるようになります。
  • 有料プランの申し込み方法や料金支払い方法について知りたいです。
    こちらのページをご確認ください。
  • スタンダードプランの料金表の「作成可能テストケース数」はどのように計算していますか?
    Magic Podの組織の管理者は「利用状況」ページでテストケースがあといくつ作成できるか確認できるので、そちらを見ていただくのが一番確実です。

    ・1つのテストシナリオを「1テストケース」と数えます。クリック、テキスト入力などの1ステップを「1テストケース」と数えるわけではありません。
    ・テストケースの実行回数に制限はありません。
    ・1つのテストケースを多数のデータパターンで実行する「データ駆動テスト」も「1テストケース」扱いです。
    ・1つのテストケースを多数のブラウザや環境に対し実行する設定を組んだ場合も「1テストケース」扱いです。
    ・「共有ステップ」の作成数に制限はありません。
    ・300ステップは超えるテストは2テストケース扱い(600ステップを超えると3テストケース扱い、以降も同様)となります。
  • スタンダードプランの料金表の「画像差分チェックステップ数」はどのように計算していますか?
    Magic Podの組織の管理者は「利用状況」ページで画像差分チェックがあと何ステップ作成できるか確認できるので、そちらを見ていただくのが一番確実です。

    ・「画像差分がないか確認」のコマンドをテストケース内でいくつ使用したかが計算されます。
    ・画像差分チェックを含むテストケースの実行回数に制限はありません。
    ・1つの画像差分チェックのステップを「データ駆動テスト」で何回も実行する場合も、1ステップ扱いです。
    ・1つの画像差分チェックのステップを多数のブラウザや環境に対し実行する設定を組んだ場合も1ステップ扱いです。
    ・1つの画像差分チェックを含む「共有ステップ」を2箇所で呼び出した場合は、「2ステップ」と数えます。(このように数えないと、1つの画像差分チェック用共有ステップを使い回すことで、無制限に画像差分チェックを利用できてしまうためです)

メールでのご相談、デモ・トライアルの依頼

フォーム送信完了後、スタッフより通常1営業日以内にご連絡をさせていただきます。

導入相談フォーム

必須

ご相談種別を選択してください。

必須

ご相談内容を入力してください。

必須

会社名を入力してください。

お名前必須

姓を入力してください。

名前を入力してください。

必須

メールアドレスを入力してください。

正しいメールアドレスを入力してください。

ご記入いただきました個人情報は、プライバシーポリシー に基づき管理いたします。