• テスト作成

    ブラウザ操作

    クリック, テキスト⼊⼒, プルダウン, ポップアップ, 戻る, 進む, Cookie削除, ダウンロード, アップロード, マウスオーバー, ドラッグ&ドロップ,他多数

    モバイルアプリ操作

    タップ, テキスト⼊⼒, ピッカー, スイッチ, スワイプ, スクロール, ピンチイン, 画像アップロード, 他多数

    値チェック

    ⽂字列の値, 要素の表⽰⾮表⽰, 有効無効, 画⾯タイトル, などが期待値どおりかチェック

    待ち処理

    待ち処理が必要な場合は自動待機。さまざまな条件で明示的に待つことも可能

    条件分岐

    さまざまな条件に一致する場合のみ処理を実行可能

    変数

    固定値や画⾯に表⽰された⽂字列を、変数にセット。

    変数はテストスクリプトやロケータ内で利用可能

    高度な変数

    テスト中のパスワード等をマスクできる「シークレット変数」、端末名やブラウザ名などの「システム変数」

    便利なコマンド

    テストスクリプト中での外部Web API呼び出し、日時情報の計算、四則演算、正規表現マッチ

    WebView

    WebViewを使ったモバイルアプリにも対応。CordovaやMonacaのテストにも

    端末設定の変更

    言語、地域、タイムゾーンなどの端末設定を変更可能

    ロケータ編集

    UI要素を指定するロケータは、多数の候補から最適なものを選択可能。独自に追加も可能

    コメント

    スクリプト中にコメントをつけることで、テストの意図をわかりやすく

    テスト作成補助

    コピー, ペースト, やり直し, 元に戻る, テスト部分実行, テスト中断

    Emailテスト

    Gmail APIをテスト中から呼び出し、メールユーザー認証やメール内容の確認が可能

    画像差分チェック

    オープンソースのreg-cliと連携させることで、ページ画像の差分チェックが可能

  • テスト実行

    テスト一括実行

    プロジェクト内の指定したテストケースを、クラウド環境やローカルPCでまとめて実行

    テスト実行履歴

    テスト内容, 各ステップの画⾯キャプチャ, 失敗時UIツリー, ログなどの情報をWebページ上で確認

    テスト結果通知

    テスト結果をプロジェクトメンバーにメール送信

    コマンドライン実行

    Web APIやmagic-pod-api-clientによるコマンドラインテスト実行

    スケジュール実行

    指定された曜日や時間に自動でテスト実行(クラウドのみ)

    外部クラウド連携

    BrowserStack, HeadSpin, Remote TestKit, SauceLabsのブラウザ・実機でテストを実行

    クロス端末テスト

    一括テストを様々な種類のブラウザ・端末で並列・直列実行(クラウドのみ)

    ラベルによるテスト指定

    各テストにラベルをつけ、ラベルを指定(または除外)してテスト実行

  • メンテナンス効率化

    自動修復

    テスト対象要素が見つからない場合に、AIがテストを自動修正して処理を継続

    画面定義共通化

    複数のテストケースで使われる画面定義を共有し、保守性を向上

    共有ステップ

    よく使う処理をまとめて「共有ステップ」化し、複数のテストで共有。

    値やUI要素をステップのパラメータにすることも可能

    データ駆動テスト

    同じような処理を、データパターンを変えて繰り返し実行

    共有変数

    全テストで共通して使用する変数の値を、外部から指定

  • その他

    画面キャプチャ取得

    テスト実行時に取得した画面キャプチャを一括ダウンロード

    Magic Pod Web API

    Magic Podの様々な機能をWeb API経由で呼び出し

    セキュリティ

    メンバーごとの権限管理や、接続元IP制限

    多言語対応

    英語利用可, 端末の言語・地域設定, 多言語データパターン